スポンサードリンク

2006年11月18日

アメリカのセブンイレブン

★この記事に関する写真はこちら

日本ではどこでも見かけたこの看板。今は新しいロゴデザインに
変わっていますよね?アメリカではこのオリジナルのデザインの
ままです。

アメリカに遊びに来た若い人が「アメリカにもセブンイレブン
あるんだ!」と言ったとか・・・。まあ、一部のアメリカ人が
SONYやHONDAをアメリカの会社だと思っているのと同じかな?

もともとセブンイレブンはアメリカの会社でしたが、日本の方が
とても大きくなり業績も良いので、ついには立場が逆転。

アメリカのコンビニはmini martなどといって、ガソリンスタンド
に併設されている場合がほとんどで、お店の規模もそれほど大きく
ないみたいです。



★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」




posted by Kay at 15:01 | サンフランシスコ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年11月16日

Mystery Spot ミステリースポット

★この記事に関する写真はこちら


サンタクルーズの観光スポットって何があるかな〜?と
考えてみたら・・・ ありました!

日本でもTV番組などで特集されたことのある、けっこう
有名な観光スポットです。

THE MYSTERY SPOT

よく紹介されるのは背の高い人と低い人が立っていて、
立つ場所をかわるとほとんど同じ身長になる(見える)とか、
まっすぐに立っているのに、かなり傾いて立っているように
見えるなど。

まだ、私達は行ったことがありませんが、ミステリースポット
ツアーもおもしろそうですね。
もし興味がある人がいたら連絡をください。


★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」


posted by Kay at 17:00 | サンフランシスコ ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年10月25日

森を走るRailroad

★この記事に関する写真はこちら

きのうHoliday Lights Trainの話題が出ましたが、
ホリデーシーズンだけでなく、ふだんも週末などには
(夏場は毎日です)
サンタクルーズのビーチとFelton(フェルトン)の
Redwoodの森を片道1時間半かけて運行しています。
(大人往復$20/人 イベント仕様ではありませんが・・・)

このRoaring Camp RailroadはもともとRedwoodの
丸太を運ぶために建設された狭軌の鉄道で、1875年には
乗客を乗せてビーチ&森を走ったそうです。

19世紀の蒸気機関車もあり、アメリカ国内で実際に運行
されている最も古いものの1つで、これにも乗ることが
できるんですよ。こちらはビーチ便ではなく、Redwoodの
森の中を往復約2時間半かけて走るもの。
(大人往復$18/人)

日帰り旅行にはぴったりかも?


★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」


posted by Kay at 15:16 | サンフランシスコ ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年10月24日

Santa Cruz Boardwalk ボードウォーク

★この記事に関する写真はこちら

今日は夏に逆戻りしたような天気で、とても暑かった(気温28℃くらい)けど、
夏は終わってしまったのでどうしようかな〜?と思いましたが、ホリデー
シーズンのイベントもあるようなのでご紹介することにしました。

アメリカに来て1ヶ月くらい経った頃からお世話になった家はこの
ボードウォークのすぐ近く。風の向きでライドに乗っている人の声も
聞こえたくらいです。

あまりに近くなので、遊びに行こうなんて思わなかったのですが、州外
からのお客さんも来るような、ちょっとした遊園地なんです。

独立記念日の花火やいろいろなイベントもあり、もしサンタクルーズ
に観光で来るチャンスがあったらこのBoardwalkに立ち寄ると
面白いかも? かわいいお店もたくさんあります。

クリスマス・シーズンにはサンタクロースもやってくるので、子供達には
Holiday Lights Trainはきっと楽しいでしょうね。

詳しいことはSanta Cruz Boardwalkのウェブサイトで。

New Years Eveのカウントダウンもありますよ。
ちょっと気が早いかな?


★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」


posted by Kay at 15:28 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年09月30日

カスタム・バイク アーレン・ネス

★この記事に関する写真はこちら


最近ウチのダンナはカスタムバイクの番組に夢中。
Discovery Channel “American Chopper” etc.

まあ、昔は片道30kmの道のりをバイクで通勤していたこともあった
バイク好きだから仕方ないと思っていますが・・・。

それで今朝はあのカスタムバイクの神様みたいな存在「アーレン・ネス」が
出ていたので出かける時間も忘れて観ていました。

何で私がこの名前を知っていたのかと言うと、以前サンタクルーズの海を
見下ろす高台に住んでいる人を紹介され、ゲートのパティーナ(緑青付け)を
頼まれたことがあります。

ゲートは作れるがパティーナはできないという「メタル・アーティスト?」
だったそうで、何日かかけて緑青付けをしました。

最初の日に、ガレージを見た彼は「ここの人スゴイよ!」というので
何が「スゴイ」のか見に行ったらクラシックカーがあったので
「あのクラッシクカー?」と言ったら
「まあ、それもスゴイけど、アーレン・ネスのバイクがある!」

確かに高そうなバイクが2台並んでいたのはわかりました。
1台はハーレー(これは私にもわかりました)、そしてもう1台はこの
アーレン・ネスのカスタム・バイク。

日本でも熱狂的なファンがいるそうで、東京では十何年も前に一千万
近くで売られていたとのこと。

でもこのお宅のご主人、かなり年配の人なのでバイクに乗るのかな〜?
なんて思っていたら、さっそうとバイクに乗ってお出かけしてました。
こういうバイクは年配の人じゃないとそうそう買えるモノじゃない???


★この記事に関する写真はこちら


★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら


アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」


posted by Kay at 16:32 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年09月29日

Bloomingdale SFダウンタウンにオープン

★この記事に関する写真はこちら

今朝「ブルーミングデールの西海岸フラッグシップストアがサンフランシスコ
ダウンタウンにオープン!」というニュースをテレビでやっていました。
本店の次に大きい規模だということです。

どこだろうと思ったら、ユニオンスクエアからマーケットストリートに向かって
下ったつきあたり。

そういえばずっと工事をやっていたっけ・・・

同じショッピングセンターにはNordstrom(ノードストーム)というデパートも
入っています。

Bloomingdaleは、これからサンディエゴ、LA(オレンジ・カウンティ)などにも
出店する予定だそうです。

ユニオンスクエア周辺は数ブロックの中にデパートがひしめいていますね。
Neiman Marcus, Macy’s, Saks Fifth Avenue . . .

観光&ショッピングでサンフランシスコを訪れる人にとっては
またひとつ行きたいところが増えたかな?


★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら


アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」



posted by Kay at 16:26 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年09月24日

Curves フィットネス・クラブ

★この記事に関する写真はこちら


いつもキャデラック・カフェに行くと隣は何のお店かな〜?と思いながら
確かめていなかったのです。

表にまわって看板を見ると*Curves*の文字が・・・。

このフィットネスいたるところで見かけます。
カリフォルニアに811店、30マイル(約48km)圏内に50店もありました。
世界的にも拡大していて日本にも217店あるというのは驚き。
世界中に9500店もあるそうです。

家族数821、人口2431人のCorralitos(コラリトス)のような
こんな小さい町にもあるんですからすごい。

車がないと移動できない → ほとんど動かない生活になってしまうから
こういう所が必要になってくるんでしょうね。

最近けっこうヤバイことになっているのはわかっているんですが・・・。


★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら


アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」


posted by Kay at 15:40 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年09月20日

Eucalyptus ユーカリの樹

★この記事に関する写真はこちら


街を歩いていてすがすがしい香りがするな〜と思ったらまず間違いなく
近くにユーカリの樹があります。

ユーカリは英語でEucalyptus(ユーカリプタス - カタカナ発音でも通じると思う)

ラベンダーのマジックソープはよく使っていますが、ユーカリの香りの
マジックソープ
というのもあったんですね。

このユーカリの樹はもともとカリフォルニアにあったものではなく
オーストラリアから移植されたもの。

西部開拓時代、ゴールドラッシュにわくカリフォルニアには人が押し寄せ、
その頃自生していた木は手当たり次第に伐採して燃料などにしてしまったので、
線路の枕木に使う材木が足りなくなり、成長が早いということで
ユーカリが大規模に植えられたそうです。

やわらかくて線路の枕木には使えなかったと言われていますが、
本当にそうかな?とちょっと疑問。
知り合いの木工をやる人に聞いたら「結構硬い」という話だし、
ユーカリは「材は硬くて耐久性があり,枕木,床材にする」という話も
どこかで読んだことがあります。

オーストラリアには600種以上のユーカリがあるそうなので、
枕木に向いているのと向いていない種類があるのかも知れません。

また、「やわらかいから使えなかった」というよりカリフォルニアは
乾燥しているので水分を多く含むユーカリは枕木にしてもすぐに割れたり、
裂けたりして枕木としては不向きだったのかも知れませんね。
(詳しい方がいたら教えてください。)

いずれにしろ、揮発性物質を多く発散するためオーストラリアで
大規模な山火事をおこすユーカリは、ここカリフォルニアでも
ひときわ高くそびえ、毎年起こる山火事の一因になっているようです。



★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら


アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」


posted by Kay at 16:54 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年09月08日

Wharf to Wharf Road Race 海岸線の6マイルレース

"The Best Little Road Race in California"

今日、APTOS TIMESというフリーペーパーを何気なくみていたら
Wharf to Wharf Road Raceの写真が目にとまりました。

7月23日に行われたのですが、今年で34回目ということでけっこう歴史がある
ロードレースなんですね。(今まで全然知らなかった・・・)

サンタクルーズのWharfからキャピトラのWharfまでを走るので
"Wharf to Wharf"という名前がついています。

この季節、海岸線6マイル(約10km)を海を見ながら走るロードレースは
とっても気持ちいいでしょうね。
(はるか昔、三浦マラソン5kmに勢いで参加した時のことを思い出しました。)

海外からの参加者が上位を占めています。(TOP 100ページ参照)

毎年15000人まで先着順に受付しているそうなので来年参加したい方は
こちらへ。 (2007年4月1日からオンライン受付開始)

★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ人気blogランキングへ



 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」


posted by Kay at 15:47 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年09月05日

PASATIEMPO GOLF COURSE サンタクルーズのゴルフ・コース

PASATIEMPO GOLF COURSE サンタクルーズのゴルフ・コース

この「パサティエンポ・ゴルフ・コース」はサンノゼ方面から17号で山を越えてサンタクルーズに向かうとそろそろ海が見えてくるかな?という場所にあります。

去年(2005年)のOpen Studioの初日にTの"Earnest"というタイトルの、釣竿をかついで魚をぶらさげている猫のブロンズ像を買ってくれた人が住んでいるところ。

彼女自身も水彩画のアーティストとしてOpen Studioに参加していたのですが、郡北部と南部の開催日がちがっていたので見に来てくれたのでした。

作品を届けにいった時にご主人が「これからゴルフ」といって歩いて出かけた
ので「ゲート・コミュニティーにはちょっとしたゴルフができるようなところがあるのね」ぐらいの認識しかありませんでした。

ところが、最近ゴルフに凝っている友人Fとの話の中で「ああ、そういえば
あのあたりに品物を届けにいったけど、まわりはゴルフ場みたいだよね」と言ったら「エッ〜!あそこに住んでいるの!いいなあ。あそこでゴルフやってみたい!」と興奮して言うのでよく聞いてみたら、カリフォルニアでもかなり有名なゴルフ場だということが判明。PGAツアーのプロもここで練習している人がいるらしいのです。

私達はゴルフに全く興味がないのですが、カーメルに住む知人に食事に招待されて行ってみたらぺブルビーチ・ゴルフ場のクラブ・ハウスだったり、ゴルフ好きな人に替わってあげたら喜ぶだろうなという体験をしています。

★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」


posted by Kay at 16:50 | サンフランシスコ ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年09月03日

今週のファーマーズマーケット

今日はちょっと曇り空。

いつものカブリヨ・カレッジで開催される
ファーマーズマーケットに行きました。

最近は楽器を演奏するグループが毎週のように来て
音楽に合わせてダンスしたり
ちょっとした楽器が置いてあるのでそれを持って参加したりと
いつも大勢そのまわりに集まっています。

たまにしかこないアコーディオンマンの衣装はというと・・・
今日は白黒のトゲトゲ衣装。
その様子をスケッチしている人もいました。

前を歩く人の間からリーシュが見えたので
最初犬を抱いているのかと思ったら何と「にゃんこ」。
自慢のにゃんと一緒にお買い物。
「写真撮ってもいい?」と聞いたらよろこんでOKしてくれました。


★この記事に関する写真はこちら


★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ情報人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」




posted by Kay at 15:48 | サンフランシスコ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年09月02日

Corralitos コラリトスというところ

今日も木目金をつくりにGeneのところに行ってきました。

Geneが住んでいるCorralitos(コラリトス)は小さい町ですが
おそらくサンタクルーズ界隈で知らない人はいないんじゃないか
というぐらいの有名なお店があります。

その名はCorralitos Market & Sausage Company
(通信ブログに写真を載せてあります)

カブリヨ・カレッジのファーマーズ・マーケットにもお店を出していますが
お店の人に確認したら、「こちらで買った方が安いです。」とのこと。
たぶんファーマーズ・マーケットでは真空パックで売っているので
その包材代ということでしょうか?

もちろんソーセージやベーコンなど肉とその加工品が主ですが、
その他の食料品、雑貨なども置いてあるちょっとしたスーパーか
コンビニという感じです。

ホットドッグが人気で、ここでホットドッグとコーヒーを買い
外のお休み処で食べる人がたくさんいます。自転車やバイク
ツーリングの休憩所にもなっているようです。

Corralitosの歴史に興味がある方はこちら


Geneの家はもう少し奥にありますが、彼の家の敷地も88エーカーと
びっくりするくらい広いです。(約107,712坪)
あまりに広すぎて自分でも奥の方は行ったことがないと言っていました。


★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら


 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」




posted by Kay at 15:40 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年08月30日

ショッピングモール(キャピトラ・モール)

Capitola Mall

車で5分ぐらいのところにこのキャピトラ・モールがあります。
(図の上でカーソルを動かすとお店の名前が出てきます。)

このショッピングモールには、日本でも有名なGAP、Victoria's Secretなど
小さなお店がたくさん入っていて、それ以外にもディズニーストア、シアーズ、Macy’sなどのデパートもあります。

年末のホリデーシーズンは朝の4:30からセールをやっているお店も
あるんですよ!

フード・コートもあり、中でもコリアンフードがオススメかな?

モールのまわり全体が巨大パーキングになっているので、時々
どのあたりに車を停めたかわからなくなってしまうことも・・・

1日いても飽きないので、ウィンドウ・ショッピングには最適かも!



★最新情報はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら




「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」

posted by Kay at 14:34 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年08月27日

アメリカの郵便局

日本では猛暑だとアメリカのテレビニュースでもやっていましたが、
相変わらず蒸し暑い日が続いているのでしょうか?
こちらは日中は青空になりますが、朝晩は上着が必要なくらい涼しく、
霧が濃い日は寒いぐらいです。

毎年こんな感じかと地元の人に聞いたら、そうだとのこと。
10月になるとまたちょっと暑くなるそうです。
日本の暑さがイヤな人はぜひこちらに来ると良いですよ。
湿度も低く、毎日クーラー要らずの高原の気候です。

私はよく郵便局に行きます。
営業時間は朝の8:30から夕方4:30までで場所によっても少しちがうようです。一番びっくりしたのは、郵便局に送りたい品物だけ持って来る人が
けっこういることです。

封筒や箱、テープ、マジックなど郵送に必要なものは
全部郵便局の窓口で販売しています。

フラットレートの封筒
(日本でも最近郵政公社が始めた一律500円の封筒と同じタイプのもの)や
プライオリティメール(優先便とでもいうのでしょうか?)のボックスなどは
タダでくれます。

窓口の担当者が箱に入れてあげて、テープでとめるのまでやってくれます。
ということは非常に時間がかかるのですね。これが・・・。
ですからいつ行っても長蛇の列。

でも窓口の人たちはどれだけ並んでいようが、マイペースでやっています。
そしてワトソンビルは特にそうだと思うのですが、英語がわからない
スペイン語圏の人が数多くいるので窓口の人たちは白人でもある程度
スペイン語を使わざるを得ません。

込入った話になるとスペイン語ができる人(バイリンガル)が
職員の中に必ずいるので助けます。

サンタクルーズのダウンタウンの郵便局では見たことがない光景です。
それから日本とちがうのは郵便局内にある自動販売機で切手を買うと、
窓口で買う値段より高いのです。
スーパーやショッピングモールなどで切手を買う場合も額面より高いです。
日本はどこで買っても値段は同じですよね?

だからかどうかわかりませんが、マックの「ご一緒にポテトはいかがですか?」と同じで窓口では必ず、「一緒に切手はいりませんか?」と聞かれます。


(注)この記事は2004年8月に書かれたものです。


★最新情報はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

posted by Kay at 16:14 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年08月25日

メキシコ人の街

Watsonville(ワトソンヴィル)はサンタクルーズ郡の一番南端の町で、
南側はモントレー郡になります。

ここの旧市街地にある100年以上前に建てられたビルに部屋を借りました。
その当時の有名な建築家が設計した4階建てのビルで歴史的建造物だそうです。

ビル全体がアンティークという感じ。
入り口のフロアはモザイクタイル仕上げでビルを貫いている郵便ポスト
(シューターのようになっていて4階で手紙を投函すると1階まで落ちていくという仕掛けになっています)も真ちゅう製です。

土地が広いせいかほとんどの建物が平屋建てなので4階建、5階建のビルは
数えるほどしかありません。隣は街の中心にあるプラザで噴水や大きな木々があり、私達の部屋からはこのプラザを見渡せます。

結婚式の後、この噴水の前で写真撮影をしているカップルをよくみかけます。
海は見えませんが、モントレー半島や近くの山々が眺められるのでとっても良いところ。

歩いて行ける範囲でだいたいのものが調達できます。
ビルのすぐ裏にはメキシカンベーカリーがあり、
できたてのパンを買うことができます。
でも、メロンパンの上にピンク色や黄色のグレーズをかけたような甘いパンや
クリームがたっぷり入ったペストリーのようなパンばかりなのでちょっと???
クロワッサンはまあまあ。

ここに限らずこのあたりのアメリカのパン屋さんと日本のパン屋さんを比較すると
日本のベーカリーの方がレベルが数段上です。

私たちは1〜2個ぐらいしか買わないのですが、メキシコ人たちはこういった甘いパンを10個以上山のように買っていきます。
(だから片方の足の部分に日本人だったら3人ぐらい入りそうなパンツをはいた人が多い?! 日本人の太っている人なんておよびじゃない。)

ここはメキシコ人が多く、お店もメキシコ人相手のものがほとんどなので英語が通じないこともしばしば。必然的にスペイン語を少しずつ覚えました。

「ヨ キィエロ ウン タコ アルパストォ イ ウン タコ ポヨ ポルファボール」
(BBQポークのタコス1個とチキンのタコス1個ください)
「パラキ?」(ここで?)
「シィー」(はい)
などとスペイン語でオーダーしちゃってます。

でも込み入った話になると全然わからないので
「ヨ ノ アブロ エスパニョール」(スペイン語できません)
と言って逃げます。

(聞き覚えなのでスペイン語はあってるかどうかわかりません。)

メキシコ人相手の店は全体的に値段が安いので、私たちもなるべくそういうお店で買い物をします。
この前などライムが20個で1ドル。
(サンタクルーズ・ダウンタウンに行くと4個で1ドルくらい。それでも日本の値段と比べると安い?)

ワトソンビルは農業地帯なので地元で採れた野菜や果物を売っているから安いのかも知れません。

メキシコ人のウェディングにかける情熱はただならぬものがあるようで、私たちが「花嫁屋」と呼んでいるウェディングドレスやフラワーガール用のドレスなどを売っているお店が1ブロックに2〜3軒はあります。




(注)この記事は2004年4月に書かれたものです。


★最新情報はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら
posted by Kay at 15:23 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年08月23日

Watsonville ワトソンヴィル

仕事場はサンタクルーズからフリーウェイを30分くらい南に下った
Watsonville(ワトソンヴィル)という町にあります。
ここは日系人も多いところで道路もSakata Ln.(サカタ・レーン)など
日本の名前がついているのを見かけました。

サンタクルーズにはない日本食料品店
(日本の30〜50年ぐらい前の店構えです)や、
日本食レストランもあります。

農業が中心でファーマーズ・マーケットでも
「カシワセ・ファーム」「ナガミネ・ファーム」など
日本名前の農家が店を出しています。

果樹園ではふじやむつなど日本のりんごを栽培していますが、
日本のりんごに比べるとだいぶ小さめで、そのままFuji, Mutsu
という名前で売っています。

ファーマーズ・マーケットは水曜日の午後はサンタクルーズのダウンタウン、
土曜日の午前はカブリヨ・カレッジと開催場所と時間が決まっています。

私達がよく買うのは、サルサ、パン、ドライフルーツ、タマゴ、フルーツ、
サーモンなど。このサルサはトマト農家が作っているホームメイドで、
フレッシュさと辛さが売りものの絶品です。

もうこれがないと生きていけないほど。(笑)
毎週これを買うためにファーマーズ・マーケットに行っている感じです。


(注)この記事は2004年3月に書かれたものです。


★最新情報はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら
posted by Kay at 15:02 | サンフランシスコ ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年08月20日

アメリカで車を運転する

最近やっとフリーウェイを走れるまで車の運転に慣れてきました。
通常は速度制限55マイル(88キロ)なのですが、
場所により65マイル(104キロ)のところもあります。

オンボロ車で一生懸命そのスピードで走っていてもどんどん抜かされます。
(ということは他の車は120キロぐらいで走っているのかな?)
みんな携帯電話で話をするのが大好きで、片手に携帯を持って話しながら
運転している人がけっこういます。(フリーウェイでも)
危なくて仕方ありません。

何か変な動きをしている車がいるな〜?と思うと大抵携帯で話をしています。

アメリカの道路は右車線を走るのですが、日本と一番違うのは交差点で
右折する時は赤信号でもできることです。
(もちろん直進の車が来ていないことが前提ですが・・・)
また、赤信号での右折ができない交差点もあります。
その場合は”NO RIGHT TURN ON RED”という標識が出ています。

車も服装と同じで、こんなで本当に走れるの?といった感じの
日本だったら20年以上前に廃車にしているような車が走っています。

そうかと思えば、車の高さよりタイヤの径の方が大きい
モンスターのようなSUVが走っています。

1950年代に作られたような古い車をピカピカにして乗っている人もいます。
近所に住んでいるスティーブは車とバイクが大好きで
古いワーゲンのワゴンをほとんど自分で修理しながら乗っています。

でもこの前車の中に置いてあったスナップオンの工具や
カーステレオを盗まれ、相当落ち込んでいました。

彼はお母さんが最近アメ車を買ったと聞いて、
「なんで日本車かドイツ車を買わないんだ!」
「アメ車なんか買うやつの気が知れない」と怒っていました。

TOYOTA, HONDAは絶大な信頼があるようで、
中古の値段もTOYOTA, HONDAはアメ車と比べて高めです。


(注)この文章は2004年2月に書かれたものです。


★最新情報はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら




posted by Kay at 15:36 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

2006年08月18日

アメリカでのお買い物

郊外型の大きなスーパーマーケット
(こちらではみんなgrocery store - グロサリーストアと呼びます)
に行くと購入する品数により並ぶレジが違います。

店によっても多少違いますが10品目(15品目の場合もあり)以下と
それより多い品目用のレジがあります。

ベルトコンベアーになっていて自分の品物は自分でその上に並べていきます。
他の人の物と区別がつくように間にプラスチックの棒を置きます。

支払いは現金、クレジットカード、デビットカード、小切手など
色々な方法があるので、前の人が小切手など切っていると
けっこう待たされます。

まず、支払い先を書いて、日付、そして金額を全部スペルアウトします。
例えば$54.87の支払いだったら
Fifty four and 87/100-------------と記入して、
それから自分のサインをして・・・と書くことがたくさんあるのです。

でもみんなけっこう辛抱強く待っていますよ。
お店だけじゃなく、郵便局でもどこでも
長蛇の列ができていても平気でレジの人とお客さんが
おしゃべりしたりして・・・

日本だったら後ろから「早くしてよ!」と怒鳴る人が
でてきそう。

★最新情報はこちら

★グリーンカード抽選・永住権関連記事はこちら
posted by Kay at 14:40 | サンフランシスコ ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカの街で

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。