スポンサードリンク

2006年11月06日

パンのスライス

★この記事に関する写真はこちら

不思議に思うこと。

アメリカでは個人の好みが優先されることが多く、
ファスト・フード店で何か買っても、
「これを付けるか?」「ドレッシングは何にする?」
「チーズは入れるか?」などしつこいぐらいに聞いてくるのに
こと、パンのスライスに関しては1種類しかありません。

日本では食パンのスライスを頼む時、4枚切り、5枚切り、6枚切り
8枚切りなど、かなり細かく指定できますよね?

ところが、アメリカのパン屋さんでは(私の知る限り)かなり
うすいスライス(たぶん8枚切りぐらい?)しか出来ないようなの
です。おそらくサンドウィッチ用ということなのでしょう。

私は、厚切りのトーストが好きなので最初「ハーフ・インチぐらい
にスライスしてもらえますか?」と言ったら怪訝な顔をされて
「できません」と言われました。

よく行くGayle’sというパン屋さんでもそうなので、最近は
スライスをしてもらわずにそのまま買って帰り自分で切っています。

先日店員さんに「スライスは?」と聞かれ、「厚切りが
好きだから・・・」と言うと、「厚切りにしてトーストすると
おいしいわよね。私も好き!」と嬉しそうに言われました。

厚切りトーストは少数派なのかな?



★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」




posted by Kay at 17:14 | サンフランシスコ ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカに暮らす(食)
この記事へのコメント
うちの主人が日本に来て驚いていたのは、うちの母のスライスしたパンの厚さ☆
うん、アメリカでは見かけないですよねぇ。
そういえば、しばらく厚切りパンなんて食べてないかも。
Posted by Chico at 2006年11月07日 04:23
Chicoさん。
やはりあまり見かけませんか・・・。

家で切るのは良いんですが、実はベーグル用の小さいパン切りナイフしか持っていないので大きなパンは切るのが大変。今度ちゃんとしたスライス用ナイフを買うことにします!
Posted by Kay at 2006年11月07日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を・角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。