スポンサードリンク

2006年10月23日

Avocado アボカドの名前

★この記事に関する写真はこちら

avocado=アボカドの和名は「ワニナシ」。英語での別名が
alligator pearというのでそれを直訳したのでしょうね。皮や形が
ワニに似ているとか、ワニの生息地にアボカドが育つとか言われ
ていますが・・・?

日本では昔「アボド」って言っていませんでした?

名前の由来はアステカ語の"ahuacatl"がスペイン人の間では
"aguacate"と呼ばれるようになり、英語ではさらにそれがくずれて
"avocado"になったとか。

このスペイン語の"aguacate"から、皆さんもご存知のグアカモレ
(アボカドのソース)が生まれました。ちなみにアステカ語の
"ahuacatl"は、英語の"testicle"という意味だそうです。
(辞書で調べてね)

カリフォルニアに来るまで、アボカドというのは1種類しかないと
思っていました。ところが、実際は500種類近くあるとか。

最近はほとんど行かなくなりましたが、ワトソンビルのファーマーズ・
マーケットではアボカドだけを売っているお店があって、
そこで初めてHass, Jim Bacon, Fuerteなどという種類がある
ということを知りました。

Hassの生産が95%と一番多いのですが、それ以外の主な種類は
上記の他、Gwen, Lamb Hass, Reed, Pinkerton, Zutanoなど。

日本で手に入るアボカドはほとんどがHassだと思いますが、Hass
という名前は、1926年に郵便職員Rudolph Hassがその種を買い
取ったことに由来するそうです。

カリフォルニアは全米のアボカド生産量の約90%を占める
アボカド・カントリー」。 カリフォルニアロールに入れるのも当たり前?

ウチではアボカドを刺身にしてわさび醤油につけて食べるのが
流行っています。中トロ(大トロ?)を食べている気分に浸れます。


アボカドは野菜じゃなくてフルーツだって知ってました?


★この記事に関する写真はこちら

★グリーンカード・永住権関連の記事はこちら

アメリカ人気blogランキングへ

 * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
「一瞬でアメリカ人と会話が弾むようになる英語上達法って?」




posted by Kay at 16:17 | サンフランシスコ 🌁 | Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカに暮らす(食)

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。